浮気調査の体験談

【浮気調査の必要な社会状況】

「自分の大事な人が、何だか態度がおかしい。」「パートナーの態度が変」「帰ってくる時間がいつもと違う」など、身近な人に何かしらの行動の変化が見られる場合があります。


このような場合に、誰かに会っているなどの疑念が生じます。この疑念を払拭しないでいると精神的に苦しくなりますし、人間関係もギクシャクしてしまいます。浮気調査は、対象になった人を尾行して、その人が誰と会い、どこで何をしているかという真実を突き止めることです。


真実を直視するのは辛いことでしょうが、都合の悪いことから目を背けていても始まりません。一刻も早く、探偵事務所を利用して、真実を突き止めるのが大事なことになるのです。



【探偵に頼むメリット】

尾行にはある程度の経験が必要になります。普通の人が尾行をしようとしても、周りに人に逆に不審にみられますし、尾行をしていることがバレてしまっては意味がありません。探偵なら、顔も他人でわかりませんし、専用の機材を使い、現場の証拠を押さえます。仕事でお忙しい方も、ほとんどおまかせで尾行をしてもらえますから、忙しいビジネスマンにはとても楽です。専門の探偵にお任せするのがベストな選択です。



【体験談】

ここで、浮気調査の体験談を見ていきましょう


●対象者 24歳 女性 既婚 E子のケース


結婚して間もないE子は専業主婦でした。結婚して1年、E子の挙動が怪しいことに夫が気が付き探偵に相談しました。

浮気調査の結果、E子はお昼の12時から15時まで、ホスト風の男と密会を重ねていたことが発覚しました。ホテルに入る写真と、デートの現場写真と多数押さえました。


結局離婚に至りましたが、夫は「気が付かず過ごすのは耐えられません。わかってよかった」と感想を述べています。

E子の貞操観念の低い性格が問題であったと言えます。貞操観念の劣化は社会に蔓延し、浮気調査の役割はその重要性を増しています。



●対象者 42歳 男性 既婚 T男のケース

T男は、知らない女の髪の毛が服に付いてるのを妻が発見し、探偵に相談しました。結婚して10年で妻に飽き、T男はキャバクラ嬢にはまっていたことが浮気調査で明らかになりました。肉体関係もあり、同僚と飲むと言って偽り、キャバクラ嬢との情事にふけっていたところの証拠写真を押さえました。


離婚に至り、妻は「甲斐性なしと別れスッキリしてよかった」と感想を語っています。仕事のストレスや現実逃避で不倫に走る男性はとても多いです。そのため、浮気調査の役割は結婚したあとも大事になってきます。男性の不倫は見抜きやすいケースでした。



【まとめ】

浮気調査を探偵にお任せして、早く人生の再スタートを切るのが肝要です。できるだけ早いほうがお得です。

Page Top