浮気調査の必要性

「浮気調査」という言葉を聞いたときに、どのようなことを思い浮かべますか?

もしかしたら「浮気調査を依頼したことがある」という方もいるかもしれませんが、 そうでない場合、「人の情事を盗み見ている」「他人をこそこそと尾けている」などと否定的な見解を持たれることも多いようです。

「個人(他人の家庭)の問題に口出しするな」などと考える人もいるかと思いますが、しかしそれは、浮気されたことがない方、浮気問題に悩んだことがない方の考え方であり、少々視野の狭い考え方です。

配偶者の浮気に悩む方は、多くの場合、自分一人では解決できないと悩んだ末に他人に頼らざるを得ない状況に追い込まれているのです。

「浮気」というのは、当たり前ですが、国や世間の問題ではなく完全に個人的な問題であり、いわゆる民事事件に該当します。

例えば、警察に浮気の問題を相談してみてください。きっと全く対応はしてくれないでしょう。

それどころか、迷惑・困惑した対応が返ってくるかもしれません。

警察は刑事事件を取り扱う国・自治体の組織です。国の治安を維持することが最大の役目であり、民事事件には不介入の原則があります。

完全に個人的な問題であるからこそ、国や自治体に助けを求めることなどはできないのです。

つまり、民事事件は自らの力で解決しなければなりません。

しかし、専門性の要求される事柄を自身一人で解決するには限界がある場合もあります。

裁判などが良い例です。裁判の手続き等や実際に裁判で相手と争うとなると、争点が複雑であればあるほど素人には手が負えなくなります。

そのために弁護士という存在がいます。裁判になっても弁護士を雇えば解決することは可能でしょう。

他にも普段意識していないだけで、誰もが一人では解決できないことを様々な職業にお金を払って解決しているわけです。

探偵はその中の一つです。浮気調査によって配偶者の浮気を調べ、浮気の証拠を取る専門的存在です。

ですので「浮気の証拠取得をお金を払って頼む」と最初からもっとビジネス的に割り切った考え方の方もいらっしゃいます。

もしかしたら、探偵の尾行以外にもっと画期的な解決方法が見つかれば、浮気問題に探偵は必要なくなるのかもしれません。

言い換えれば、現状では「人から求められている=必要性がある」からこそ存在している仕事です。

このように考えると、浮気調査に対して否定的な意見や偏見が持たれることがあるのは、 そもそも「浮気」自体の後ろめたさや不道徳さのイメージに影響されてしまっているからのような気がしてならないのです。

イメージだけによる否定的な見解には、必ずそれに対する反論が存在するということなのです。 「浮気」という行為に世間的にあまり良いイメージがないのは事実ですが、そのイメージに固執しすぎると考え方の方向性を誤ることになりかねません。

一旦冷静になって、ご自身にとって何が必要なのか大切なのかということを慎重にお考えになることが重要です。 行き過ぎた判断や感情任せの状況からは良好な結果を導き出すことは困難なのですから。

浮気調査を否定するのは勝手ですが、せめて否定するにあたりもっと説得力のある意見を出してもらいたいものです。 いつの時代も「一人を救えない考え方は万人を救えない」と考えられるのですから。

浮気調査を必要として浮気調査に救われた人物が過去に数多く存在している実績から判断しても「浮気調査は必要性がある」と判断できるのです。 結局のところ、浮気をされてる当事者にとってはこれほど力になる存在はいないのですから。

自身にとって何が必要か正確に判断できるならば、必要性の高い「物事の優先順位」は簡単と言えるのです。 もし、否定的なイメージにとらわれて一歩踏み出すことができないのであれば、ご自身にとってそのイメージより大事なことがないかどうかを考えてみてください。 意外とたくさんあることに気づかれるのではないでしょうか。

イメージや風評のようなものに流されず、しっかりと物事について何が大切なのかを考えてみることが重要です。 それを決めるのは赤の他人の意見や考えではなくあなた個人となります。

Page Top